日本では大半のギャンブルが違法であることは誰もが知っています。しかしそれは、日本人がカジノゲームをプレイしたり、スポーツイベントでの賭けをしたりできないという意味ではありません。日本にはオペレーターが実店舗のカジノをオープンすることを禁じた厳格なギャンブル法がありますが、インターネットゲームは違法化されていません。さらに、日本でもいくつかのギャンブルは合法化されており、それらを実店舗の施設で楽しむこともできます。

パチンコゲームとは?

多くの人はパチンコをピンボールマシンとスロットマシンを組み合わせたものだと考えています。パチンコは法の枠外で運営されており、日本の至るところに存在します。ギャンブルに制限が掛けられていることに不満を感じた人が法の抜け穴を見つけ、現金を賭けてプレイするための新しい方法を考案しました。パチンコの台は様々で、プレイヤーが自分好みに合わせて選択できます。

しかし、現在の法律では日本人がオンラインでギャンブルをプレイすることに関する規制はないにもかかわらず、日本には従来の実店舗カジノが存在しません。つまり、国内においてカジノで遊びたいなら、ウェブサイトにアクセスする必要があります。

日本でインターネットギャンブルはどのように運営されている?

日本のギャンブラーは、サッカーくじ、競輪、競馬、実店舗での宝くじなどを楽しむことができます。また、特定のJリーグの試合なども楽しめますが、それらは限定的です。日本では刑法185条によってギャンブルが禁止されていますが、海外のオンラインカジノオペレーターにアクセスすることは可能です。つまりオンラインカジノゲームをプレイしたい場合、世界的なオーディエンス向けに運営を行っている信頼できるオペレーターを選ぶという選択肢があります。

テーブルゲーム、ライブディーラーゲーム、ビデオスロット、ベッティングはすべてプレイ可能です。ギャンブルは禁止されていても、海外のオペレーターを利用すればこうしたゲームを思う存分楽しめます。日本向けに運営を行っているオペレーターはこの市場の大きな可能性を理解しており、そうしたゲームに興味のある顧客に対してオルタナティブを提供しています。その結果、数多くのオンラインカジノが日本語に対応しており、日本語話者も言語の壁に悩むことなくお気に入りの娯楽を楽しめる様になっています。

日本人もオンラインカジノやゲームにアクセスできる。

日本人も、ベラジョンカジノのような海外登録のオペレーターなら制限なくアクセスでき、好きな方法で入出金できます。50以上のオンラインカジノが日本からも利用できますが、必ず日本語に対応しているサイトを選ぶのが良いでしょう。バカラ、スタッドポーカー、クラップス、ビデオポーカー、ルーレット、シックボー、ドラゴンタイガーなど、オンラインカジノでは多彩なテーブルゲームやスロットゲームを楽しめます。

ポーカーは米国で最も人気のあるテーブルゲームの1つですが、実店舗のカジノでは依然としてプレイできません。いくつか秘密のポーカールームはありますが、そこには秘密のグループを通じてしか参加できません。大半のポーカープレイヤーはインターネットのオペレーターでプレイしています。

日本ポーカー協会は対面とオンラインの両方でトーナメントを開催していますが、お察しの通り、熱心なプレイヤーの全員がこれに参加できるわけではありません。全日本ポーカー選手権とJapan Open Poker Tourが、日本の2大ポーカー大会です。日本でポーカーが禁止されているのになぜこうした大会が開けるのかというと、その理由は賞金が出ないからです。
スロットゲームメーカーは人々の熱意を汲み取って、人気のテーマをゲームに取り入れて幅広いオーディエンスへのアピールを狙っています。